WDW旅行記その10 さよなら、フロリダ

さらば、オーランド

朝4時半にモーニングコールが鳴りました。間違いなく、ちゃんと鳴ってしまった・・・。ハーア。
ミッキーの声とかではなく、テープが流れているだけだったみたいです。
電話の音で目が覚めたのですが、さすがにまだ眠い!15分くらいはベッドでゴロゴロしていましたが、集合時間があるので急いで身支度し、バナナのみ食べてクッキーは日本から持参したジップロックに入れ、まだ空が暗いうちに部屋を出ました。
我が家だけだよ、こんな朝早くからスーツケースゴロゴロ転がしてるの。
ロビーに着くと女性の係員の方が既に迎えに来ていて、チェックアウトを手伝ってくれました。
でも特に支払うものはなしだったので(エクスプレスチェックアウトだったのかな)、車に乗り込み今日は我が家だけとのことで一路、オーランド空港へ。
あーあ・・・。帰る日ってやっぱり気分は落ち込みますねー。きっと何度来てもそうなんだろうな。朝早いから眠いし。
係員の方に「色々見て回れましたか?」と訊かれ、「ちょっと足りなかったですね」と言ったらビックリされました(苦笑)
私から言わせると、朝から晩までパークで遊びまくっていれば、10日間と言うのは充分過ぎる程の日程だったと思うのは分かるのですが、我が家みたいに面倒臭がり故のチンタラ超マイペースでまわるには、あと3日程は欲しかった^^;
結局マジックキングダムの夜のパレード、「スペクトロマジック」は週末にしかやってなかったので観られませんでしたし、花火も一度だけだったし・・・。
結局「Fantasmic!」も一度だけしか観られませんでしたし。あと3日あれば、もう一度「Fantasmic!」を観て、「スペクトロマジック」も観られたなぁと。ま、贅沢ってモンですが^^;
空港に向かうまでに徐々に空も明るくなり、今日もとてもいい天気になりそう。
車の中では、係員さんと色々とお喋りしました。
ホテル内ではうさぎや、何故か猫がいたことや(猫については驚いてました)、EPCOTではリスもいたことを話すと、結構色々な野生動物がいるらしく、アルマジロ等もいるそうで・・・。あんまり見たくないけど^^;

渋滞もなかったので、30分ほどで空港に到着。一度荷物を下ろして、外のベンチで待機。係員さんは車を置いて来る為に、一旦離れました。
それまでベンチでボーッと、今日までの思い出に浸る(笑)楽しい毎日だったなぁ・・・。
15分ほどして係員さんと合流し、ユナイテッドのカウンターでチェックインの手続きをしてもらい、スーツケースを預ける。
帰りは乗継ぎの時に、荷物を受け取って再度預ける様なことはせず、そのままスルーで日本まで行くとのこと。気になっていた重さの方はなんとかクリアできました。
搭乗チケットを受け取り、搭乗口までの行き方、空港内の施設についての説明をしてくれました。
フードコートがあって朝食を食べられる等の説明をしていただいて、係員さんとはここでさよなら。ワシントンD.C.には、また別の係員さんがいるとのことでした。
一応時間にもまだ余裕がある為フードコートを覗いてみましたが、開いているお店も少なく、特に食べたい雰囲気でもなかったので戻りました。
ショップの壁(苦笑) 空港内にあるディズニーのショップは、着いた頃はまだオープン前。でもそろそろ開く様な雰囲気だったので、お店の前にあるベンチに座ってオープンを待ちました(笑)
買って来ようと思っていたソルト&ヘッパー入れ。結局WDWで買うのを忘れたことに気付き、ショップを覗いてみましたが置いてなかったので、最後と思って色々買っちゃいそうだなと予想していたのに、結局何も買いませんでした(苦笑)
ベンチでボーっとしているのもナンなので、搭乗口まで行くことに。セキュリティも問題なく通過。やはり靴は脱がなくてはならなかったですけど。
モノレールの様な乗り物に乗ると既に空は明るくなり、朝日が少しずつ顔を出しオレンジ色に染まっていました。とってもとっても名残惜しい・・・。
搭乗からワシントンD.C.までは、無事問題なく。ただ来る時より、フライトの時間は長く感じましたけど。途中飲み物とおつまみのサービスがありました。
乗継ぎは帰りもワシントンD.C.で、行きに大迷惑をかけた女性の係員さんが待っていてくれました。
「なんだか先日お会いしたばかりなのに、10日間なんてあっという間ですね」と言われ。確かにそんな感じ・・・。
「あの後いいことありましたか?」とも聞かれて(苦笑)「素晴らしいことだらけでした」と答えました(笑)
確かにパーク内では、一度も「悪いこと」は起きませんでしたし、楽しいこと、素晴らしいことばかり。あの時に厄落とし出来たのかしら?(笑)でも人に迷惑かけたのに、厄落とししたとは言えないよなー・・・。
またへんてこな乗り物に乗って移動し、ショップ等の説明を受けたりして。
5月現在ワシントンD.C.のダレス空港では、地下工事が行われている真っ最中。ターミナル間を結ぶ地下鉄が出来るんだそうです。
へんてこな乗り物だと、飛行機が離着陸する時にストップしなければならないのでより便利になるんだそうですが、ちょっと前に事故があって1人埋まったままで、まだ見つからないんだそうで・・・。(その後見つかったかは分かりません)

全日空のカウンターでチェックインを済ませ、ここで係員さんとはお別れ。また是非いらして下さいと言われましたが、その時は迷惑かけないようにします・・・(苦笑)
カウンターには3人スタッフがいて、その中には日本人スタッフもいましたが、女性1人だけでした。
朝食はバナナのみだったのでお腹が空いてしまい、昨夜フードコートで買ったクッキーを半分ずつ食べました。近くにカフェみたいなところもあったんですが、なんだか良く分からなかったので。
父上が係員さんオススメのショップに行ったけど、特に欲しいものはなかったみたいで、手ブラで戻って来ました。
ここからは、日本語の通じる人がほとんどなので、言葉の問題は特にないでしょう・・・。
12時20分ワシントンD.C.発、NH002便で一路成田へ。これでアメリカともお別れです。あとは半日ほど飛行機の中で過ごします。
席は真ん中3列のところだったので、行きの方が快適でしたね・・・。帰りも、ホーンテッドマンションを観ちゃいました。思わず・・・。
帰りの機内食その1離陸して1時間くらい経ってから昼食。肉と魚が選べ、魚はアンコウだったことから肉にしました。
内容的に、去年のロサンゼルスからの帰り出た機内食に似ていました。(同じかも)あの時ほどご飯はベチャベチャじゃなかったけど・・・。やっぱりイマイチでした。
他はとにかく、朝早かったので眠ったり。と言っても、グッスリ熟睡は出来ませんでした。起きてはゲームをプレイしたりと、機内での過ごし方は行きも帰りも変わりません(笑)
そしてしばらく経った頃、またまた出ましたよ、カップヌードル。しかも、英語表記のもので「Shurimp」と書いてありました。エビ風味ってこと?でも味は普通のカップヌードルと変わりなく・・・。
それなのに、エビは1個しか入ってなかった(苦笑)
帰りの機内食その2成田まであと2時間から1時間半くらいになり、軽食が出ました。ペンネのトマトソースと、フルーツです。
ペンネは、見事に味がありません。色が着いてるだけって感じ・・・。全日空はもう少し食事が美味しくなるといいのですが^^;
午後3時20分過ぎに成田着陸。長い長い機内の時間が終わりました。
ハァ・・・。やっぱり10時間以上乗ってると疲れますねー。それだけ地球は大きいってことなのかもしれませんが、ここまで長く乗ったのは今回が初めてなので、とにかくバテバテという感じです。
空港のトイレでフラフラっとして、他の人に「大丈夫ですかっ?!」と心配かけちゃったし(苦笑)
入国審査を済ませスーツケースを受け取り、バスで全日空ホテルへ。
外に出るとモーレツな蒸し暑さ。オーランドよりも暑いです。ただ、蒸し暑いって言うだけで気温的にはオーランドの方が高いと思いますけれど。
ホテルから車で、愛犬がお泊まりしている病院へ。途中渋滞もあったのですが、なんとか診療時間に間に合いお迎えできました。12日ぶりの対面です。
やっぱり(?)途中でお腹壊したとのことで、ひとまわりちっちゃくなっていました。(愛犬が出て来る前に大型犬の男の子がいた為、余計にそう感じたのかな)
ヨタヨタしつつも元気でしたが、本当に小さくなっちゃってました・・・。
はぁ。なんだか自分達ばっかり楽しい思いをしちゃったなーと反省しつつ、長い間我慢してくれてありがとうとも感謝して。
さすがに、半日以上の飛行機の旅は疲れました。だけど、そんな長い時間をかけてでも、またいつか行きたいなと思います。本当に素晴らしい10日間でした!
ホームへ 前のページ 旅行記トップ