Walt Disney World MAP Guidebook
講談社刊
Walt Disney WORLD MAP Guidebook 1999年発行

講談社のものはオフィシャルってことになるのかな?
テーマパーク別にガイドされています。
ショップやアトラクション、レストランなどの概要が簡単にまとめられていますので、写真も多いので、手に入れた中では一番分りやすく、見やすかったです。
ただし、今となっては数年前の情報ですので、アトラクションやショップがクローズしていたり、ショーやパレードが変更になっていたりしていました。(パレードルートは変わってないです)
現在講談社からは、新しいガイドブックは出ていませんので、なんとか手に入れて参考にするしかないんでしょうか・・・。





講談社刊
ウォルト・ディズニー・ワールドへ行こう!AtoZ 1999年発行

上のガイドブックと同じく、講談社から発売された本なので、写真も多く使用されています。
AtoZというタイトル通り(?)、AからZまでのアルファベットに基づいたキーワードのガイドブックです。
Aだったら「Animal Kingdom」について、Pだったらプランニングの例と言うように、幅広い情報のガイドブックです。ただし各パークの詳細なマップや、ショップ、レストラン、アトラクションの解説はありません。
表紙をめくると、見開きでアクセスマップがついていて、裏のページはショッピングの時、食事の時などに役立つ英会話が載っています。
デザートやおみやげ類の写真があったので、読んでて楽しかったです。




GO!フロリダ決定版ガイドブック ウォルト・ディズニー・ワールド
双葉社刊
GO!フロリダ決定版ガイドブック ウォルト・ディズニー・ワールド
2003年発行

日本では、一応最新版のガイドブックということになるのでしょう。
新しく出たと言うことだけで、中身チェックせずに買いました。率直な感想は「役立たず」です。
ネットでも情報を収集している人は、この本で得る情報は非常に少ないと思います。下手したら、個人サイトの方が情報量も豊富なのではないかと・・・。
第三者的な視点でのガイドブックかと思えないこともないですが、ネットで調べりゃ分かるだろーって感じの内容がほとんどです。写真が一切ないのは仕方ないですが、結構読み難いですし。
「裏技ナビゲーションとして御活用下さい」とありますが、裏技なんぞ一切掲載されてない(そもそも裏技等存在するのか?)、パレードも既に終了したものであったり。
この本の情報は、ハッキリ言って信用出来ないと思います。




クルーズライン&ウォルト・ディズニーワールド
東京ニュース通信社刊
ディズニー・クルーズライン&ウォルト・ディズニー・ワールド
2000年発行

タイトルの通り、珍しい(?)クルーズラインとWDWのガイドブック。オールカラーで800円。写真も豊富で、その上とてもキレイです。
ただガイドブックとして捉えると、やや情報量不足かな?
ガイドと言っても、比較的簡単に紹介されているだけなので、細かいことまで知りたい人には物足りないかも。特にクルーズは。
WDWはテーマパーク別に、簡単にガイドされている感じです。
ダウンタウン・ディズニーのショップ、レストラン情報もわずかながらあり、ごくごく一部ではあるものの、4大パークのレストランやショップ、アトラクションの簡単な紹介が写真付きであります。
個人的に嬉しかったのは、ショップの紹介ページで販売されているグッズの写真が割と多くて、ショッピングの参考にもなりました。ただこの本を買ってから随分経ってからWDWへ行ったので、既に売ってなかったりもしましたが・・・。
読んでて楽しいガイドブックでした。




地球の歩き方 ダイヤモンド社刊
地球の歩き方リゾート テーマパークで遊ぶ フロリダ 2001年版

御存知、地球の歩き方シリーズのもの。これはフロリダのテーマパークを中心にガイドされている本です。
当時の情報ながら、アトラクションの狙い目時間などもあったので、アトラクションを中心にと思っている人にはいいかも。
地球の歩き方シリーズなので、内容は確かであると思います。でも実は、これを買った1ヶ月後くらいに最新版が出たのですが、ザーっと見たところ、内容は大して変わってないような感じでした。(今は更に最新版が出ている様ですね)
写真もあるし、各ホテルからパークまでのアクセス方法だけでなく、各パークから他のパークまでのアクセス方法が結構詳しく書かれているので、1日にパークを何ケ所かハシゴすることを想定すると、すごく参考になりました。実際はパークからパークという移動方法は使いませんでしたが。
WDWの他にもユニバーサルなどの情報が掲載されているので、WDW以外にも行く予定がある人や、レンタカーで移動する人等は、お役立ちガイドかもしれません。




アメリカ版オフィシャルガイドブック Birnbaum's Walt Disney World Expert Advice
from the inside Source2004 The Official Guide

米国で発売されている、オフィシャルガイドブックの2004年版。
オールカラーで、オフィシャルの為写真やイラストが豊富に使用されてますので、見ているだけでも結構楽しいです。
巻末にはディズニークエストなど、WDW内で利用出来るクーポンもついてます。(当然ですが、利用期限があります)
4大パークがメインで、パスポートの種類と価格などの情報や、オーランド空港からのアクセス、オーランドの気候等、基本的な情報はしっかりしている様です。(ただし、気温は華氏表示)
プランニングアドバイスや、各パークの基本的な情報と、レストランやショップの情報は別に構成されています。
一番役に立ったのは、キャラダイが実施されているレストランの一覧表。レストラン名と場所の他に、登場キャラクター、主なメニュー、キャラダイのテーマや価格などが表になっています。が、間違い(?)あり。
MGMのハリウッド&バインというレストランは、既にキャラダイは終了していた様でしたが、キャラダイ実施のレストランとして、一覧表に掲載されています。オフィシャルなので、もうちょっとしっかりして欲しいですね^^;




アメリカ版アンオフィシャル The Unofficial guide to Walt Disney World 2004

こちらも米国で発売されているガイドブックで、オフィシャルではない方のものの方です。
写真やキャラクターのイラスト等はありませんが、各パークの簡単なマップのイラストはあります。
とにかく分厚い!っていうのが、第一印象。写真もないので、WDWの辞書っていう感じです。
ただし、それだけに情報量も豊かで、直営ホテルの部屋の間取りが掲載されているのにはビックリ。また、オフィシャルガイドブックや、オフィシャルサイトにはない情報も掲載されています。(E-Ride Nightについてなど)
アトラクションも所要時間だけでなく、様々な世代から支持されている度合いを星の数で表わしていたり(多分)、アンオフィシャルだから掲載できる情報があります。
実は・・・。あんまり読んでないんですけど^^;↑のオフィシャルガイドブックと併用すると、確実な情報も、アンオフィシャルだからこその情報も手に入るので、いいかもしれません。
私のような英語チンプンカンプンの人にとっては辛いですが、自分の知りたい情報だけを目次から探し、翻訳していくのなら、大丈夫なのではないかと思います。結構根気が必要です。(私は途中で断念してしまいましたが^^;)




三笠書房刊
とにかく話せる!海外旅行そのまま使える英会話 苦手な人でもゼッタイOK
小平桂子アネット監修

これは番外編の紹介です。
一言で言って、タイトルの通りですね(笑)本当に、『苦手な人でもゼッタイOK』だと思います。
様々なシチュエーション、様々な単語に表現。とにかく例文も豊富です。
この本を読むと調子に乗って変に自信がついて、自分も話せる!という錯覚に陥るくらい(笑)いや、大袈裟ではなく。
英語が全く読めないという人でも、ちゃんとカナがふってあるので安心です。
過去にも似たような本を買って持っていましたし、気がついた時に本屋でパラパラ捲ってみたりしてましたが、この本が一番使いやすく、本当の意味で「使えるトラベル英会話の本」だと思います。
予め使いそうなフレーズなどをチェックしておいて、付せん紙をつけておきました。
常にカバンの中に入れて、ずっと持ち歩いていましたが、実はそんなに必要としなかったかも^^;ある程度は、片言でもなんとかなりますので・・・。でも一応持っておくといいかもしれませんね。
因に、巻末には簡単な和英辞典のようになっていて、こちらも結構使えると思います。
旅行記トップ